PoipOipoN

ウルトラハイパー雑記ブログ。

シーバスフィッシングとは?これから始めようと思っている人や初心者の方に伝えたい事

和歌山の磯にてしぶい写真




シーバスフィッシングについて

そもそもシーバスとは何ぞやって人のために軽く説明しておく。シーバスとはスズキといわれるの日本産の魚である。見た目的には一般的にメジャーなブラックバスが大きくなって海に生息しているものだと思ってもらうと分かりやすいかと思う。ブラックバスだと学生時代にでも周りで趣味にしている人もそこそこ存在していたと思う。だがシーバスフィッシングとなると知らない人が多い。ブラックバスが好きな人でも知らなかったりする。

なぜ人気がないのか

正直なところ理由はたくさんあるだろうが個人的には金銭的な問題と難易度双方に原因があると思う。ブラックバスはその辺の近所の池で何も考えずにルアーを投げても釣れたりする。ビックサイズを狙うとなれば話は変わるだろうがそこそこ数は簡単に釣れる。

ところがシーバスフィッシングはどうだろう。ボウズは当たり前の世界である。揃える道具に関してもある程度の値段なので手を出しにくいのもわかる。周りにシーバスフィッシングの師匠でもいれば違うのだろうが独学で挑戦するとなれば難易度は高くなってくる。そもそも海が近くないと行く気にならないというのもあるだろう。

シーバスフィッシングとはどんな釣り?

一言で表現すると「難易度の高いゲーム」

突然どんな釣りかと質問を受ければ正直、本当に難しい釣りだと答えると思う。しかしその反面、とんでもなく簡単に釣れる事もある気まぐれな魚である事を知っておいていただきたい。

条件をそろえることでかなり楽しめる

ポイント、タイミング、道具を合わせれば爆釣なんて事も普通にある。その中で、河川、磯、サーフ、港湾と、シチュエーションも多く、同じ魚なのに全く違う動きや食生をする事が多々ある。それらに合わせて使うルアーの種類やサイズ、ロッドの硬さや長さ、これらの無限に広がる釣り方の中で自分のスタイルを確立して追求する事こそが本当の楽しみ方ではないだろうか。つまり「魚を釣る事だけが目的ではない」という事だ。自分が釣りたいシチュエーションで、釣りたい道具で、獲りたい魚を狙って獲る。この要素を満たした魚を手にした時こそ本当の快感を味わえると思う。

皆さんはどんなシーバスを釣りたいですか?

私は大阪で育ち「泉南エリア」と呼ばれる場所(大阪の南の方)でシーバスを覚えました。大阪だけで見ても北方面と南方面では釣り方が全く違う。北方面に行けば水深のある港湾部になり、南大阪に行けばサーフ(砂浜)や河川などのシャローエリア(水深が浅いポイント)になる。私がこの釣りを覚えたのは南のシャローエリアだ。11フィートのロングロッドに12センチ以上のビッグプラグ(ルアーの一種)で水面を意識した魚を狙う。コアなスタイルに思えるが、私は理にかなったスタイルだと思う。雨後の河川では魚が付くピンスポットを探し、そこに直接ルアーを入れるのではなく流れの上手からルアーを流し込んでいく。テロテロと泳ぐルアーがスポットにさしかかり「今だっ!」と思った瞬間に「ドヴァーン!」と水柱を上げて70センチを超えるような巨体が食ってくる。風表のサーフでは北西風10メートルを超えるような爆風の正面に立ち、ロングロッドでビッグプラグをひたすら投げる。秋冬に吹く北西風は冷たく、痛い。水温も下がりきる。エサは無い、そこに魚が居るかもわからない。定期的に入る潮の流れに神経を研ぎ澄ませてその時を待つ。「ガチンっ!!」と金属的なアタリと同時に11フィートのロッドが絞り込まれ、コンディション抜群の魚が出る貴重な季節だ。これだけではないが大阪の泉南エリアだけでも沢山の釣り方やシーズナルパターンがある。自分が住む場所だけの独特の釣りが出来るのだ。

シーバスフィッシングの醍醐味

私はただ魚を釣りたいのでは無い。自分の思い描いた通りに魚を出したい。釣り人が気難しいと言われる意味も分かる気がする。釣った数じゃない、いかにして釣ったかが大事だ。魚をたくさん釣りたいなら船に乗って沖に出ればいい。わざわざ魚が居るか居ないかもわからない場所で、たとえ釣れても一本、ボウズなんてざらにある。そしてサイズでも無い、私は魚のサイズを測ったりしない。釣れた魚が大きかろうが小さかろうが、この釣りには関係の無い事。それだけ「スタイル」が大事な釣りだと思う。

 

まとめ

難しい釣り用語などが多くて興味がない人にはつまらない内容になったかもしれないが、今後いろいろな解説記事や動画も投稿していこうと思っています。釣りの中でもあまり人気のないシーバスフィッシングだが人口が増えるように努力していきたいとおもっています。自分自身も楽しみながらいろいろな釣りの魅力を伝えていきたいと思います。

 

 釣りといえば遅い時間が多いのでエナジードリンクを愛用しましょう。

レッドブル 185ml×24本

レッドブル 185ml×24本