PoipOipoN

ウルトラハイパー雑記ブログ。

【2019年最新版】Yモバイルのおすすめプランを小学生でも分かるように紹介!

iPhone

 格安SIMの中でも回線が強い方で評価が比較的高いYモバイル。そんなYモバイルについて口コミや大手キャリアと比べてのデメリット、メリットをまとめました。Yモバイルに乗り換えを考えている人向けにおすすめプランも紹介。 

 Yモバイルのプラン

Yモバイルはデータ専用プランもありますが、ポケットWi-Fiも販売しているためデータ専用プランを選択するぐらいならポケットWi-Fiを契約したほうがお得だと思うので今回は音声通話+データ通信のプランを紹介させていただきます。

Yモバイル:音声通話+データ通信のプラン

Yモバイルのプランについてだいたいのことは簡単に分かる表

※表示金額は税抜き
スマホプランS スマホプランM スマホプランL
1年目 2年目 1年目 2年目 1年目 2年目
月額料金 1980円 2980円 2980円 3980円 3980円 4980円
データ容量 2GB 6GB 14GB
増量オプション契約時 2GB+1GB 6GB+3GB 14GB+7GB
SIM単体契約特別割引 -400円 -600円 -600円
おうち割光セット -500円 -700円 -1000円
おうち割でんきセット -100円
家族割 二台目以降-500円
最安月額料金

1080円(スマホS+SIM単体契約特別割引+おうち割光) 

  • 国内無料通話1回10分
  • 基本通話料金20円/30秒
  • 初回請求月に事務手数料3000円かかります。
  • スマホプランは二年縛りあり。24か月未満の解約は9500円
  • 二年縛りが嫌な人向けにベーシックプランというものもある。
  • 契約1年目(12ヵ月)はワンキュッパ割が適用され-1000/月
  • 増量オプションは2019年4月時点では無料キャンペーン中
  • 家族割・おうち割光・おうち割でんきの併用はできません。
  • スマホを買い替えるならスマホ下取りは忘れないように

Yモバイルのおすすめプラン&割引

格安SIMのYモバイルを契約するために必要な知識を分かりやすく簡単に紹介。

増量オプション

2019年4月時点では月額料金24ヵ月無料で増量オプションを契約することができます。スマホプランS・M・Lが対象で各自データ容量が増えます。

ただ容量の追加が少しめんどくさく、毎月規定容量を超えてから500MBずつMy Y!mobileで追加する必要があります。

本来の料金は500円/月ですが、キャンペーン終了日は明記されていないのでまだ急がなくても大丈夫そうです。

ちなみに普通に通信速度制限が入った場合にデータ量を追加すると500MB/500円です。

ベーシックプランについて

スマホプランと同じようにベーシックプランもS・M・Lと用意されています。スマホプラントの違いは、契約期間の縛りがないが月額料金が高いといった点のみです。

  • S:5480円/月
  • M:6480円/月
  • L:8480円/月

とりあえず一か月限定でお試ししたい人向けのサービスなのか???そうだとしたらUQモバイルのように15日間無料お試しキャンペーンなどを開催してくれてもいいんじゃないだろうか。

なんでこのようなプランが用意されているのかわからないが多分短期限定で使用する人向けなんだろう。それにしても高すぎる....気は..する。

SIM単体契約特別割引

端末もYモバイルで購入した際は二年間毎月1000円割引というサービス(バリュースタイル)がありますが、SIMカード単体での契約でも同じように割引が用意されています。ただしSoftbankから乗り換えの場合は適用されないので注意が必要です(親会社だから?)。完全新規契約からスタートなら問答無用で適用されます。他の割引と併用できるので月額料金を安くしたい場合は必須とも言えます。

適用条件
  • Yモバイル指定窓口に申し込み
  • 個人契約専用。法人は不可
  • SIMカードのみの契約
  • 新規契約及び他社から乗り換えで指定料金プラン(スマホプランS・M・L)に契約すること。※ソフトバンクから乗り換えの場合のみ適用外

ワンキュッパ割引

格安SIMあるあるの12ヵ月1000円割引です。二年縛りのある格安SIMあるあるなので難しく考えずに12ヶ月間月額料金が安いと思っておきましょう。ちなみにUQモバイルはイチキュッパ割という名前です。名前のセンスどうにかならんのかね。

Yモバイル:その他割引

以下三つの割引は併用することができません。どれか一つに絞りましょう。家族割引が一番SIM単体契約特別割引と相性がいいです。ソフトバンク光を使っているならおうち割光が一番割引額が大きいです。

おうち割光セット

割引条件として以下の条件を満たす必要がある

  • ソフトバンクAir及び光に契約していること

おうち割でんきセット

割引条件として以下の条件を満たす必要がある

  • おうちでんきに契約していること

※25か月目以降からは割引が100円/月から50円/月になります。

 家族割

一番最初の契約者と同じ住所である必要があります。二台目以降の料金が-500円/月されます。

 

Yモバイル:オプションサービス

月額料金を増やして契約するものです。すでに上で紹介しましたが、データ増量オプションもここに含まれますが無料キャンペーン中なので紹介は省きます。

スーパーだれとでも定額

よくある通話し放題のオプションです。料金は1000円/月なのでそこまで高いわけでもないです。月途中からの加入でも日割りしてくれます。

  • 時間・回数無制限で基本料金+1000円/月

 仕事で使用したり、長い通話を頻繁にする人向けです。Yモバイルのプランにはもともと10分間かけ放題がセットで付いてくるのでちょっとした電話だけする人には必要ないです。

Yモバイルの評価

Yモバイルの口コミなどを軽く紹介。

回線は強い方

親会社がソフトバンクなだけあって、他のMVNO会社と同じように三大キャリアの回線を借りているという点では同じですが、子会社という立場なので混雑時の回線の優先順位は高いと言われています。LINEモバイルも同じ理由で回線が比較的安定していると言われています。ただ自分の住んでいる地域が対応しているかは公式サイトで対応エリア確認しましょう。

 

 Yモバイルは他のサービスが充実

格安SIM以外にポケットWi-Fiがあり、Yahoo!プレミアムを契約している人対象でポイント関連でお得だったりと特定の人には嬉しいサービスが多いです。格安SIMの中ではYモバイル、UQモバイル、LINEモバイルと合わせて今では三強ともいえる(個人的感想)状況だと思っていますが、ポケットWi-Fiとなるとそっちはまた激戦区なので何とも言えない感じです。ポケットWi-Fi界は速度の速さが格安SIMより重要度が高く、SoftbankのLTE回線ではなかなかwimaxに勝てない状況となっています。これからWebマーケティング最高峰の楽天モバイルも追い上げてきそうで楽しみです。

困った時のサービス対応が他に比べてまだまし

格安SIMあるあるのサービスが悪い問題ですが、Yモバイルはマシという口コミをよく見ます。気のせいかもしれませんので参考までに。

まとめ:信頼度は高いので迷っているならおすすめ

 

ソフトバンクの子会社ということもあってLINEモバイル同様信用できると思います。個人的にはUQモバイル、LINEモバイル、Yモバイルは信用度的には同じで、自分のスマホの使い方によって分けるのがベストだと思っています。Yモバイルを選択するならYahoo!ショッピングやオークションをよく利用する場合におすすめです。それ以外の格安SIMは今後楽天がどうなるか気になるところですが、それ以外も現在進行形でサービスが充実してきてるので、1年後に乗り換えれるように二年縛りのないLINEモバイルもおすすめです。